2007年02月06日

360度回転レンダリング画像 - 4

rot070205.swf

carib98さんのナイトドレスシリーズの一つ「Peasant Gown」です。
Peasant? 辞書では農民とか「いなか者」となっていますが、素朴な服というような意味でしょうか?

ポーズの方はテライユキ2に付属の「TY2 Pose 07」を使わせていただいてます。

これまでの分についても説明させていただきますと、前回のものはPoser6に付属のジェシーポーズから「アクション - コミック - ヒーローポーズ02」、その前がテライユキ2付属「TY2 Pose 05」を使用させていただいてます。

最初のものだけ自分でポーズを付けていますが、実はあるアニメキャラのフィギュア(Poserのではなくて秋葉原とかで売っているようなもの)から、採らせていただいてます。(それが何かは秘密です...)(※)

モデリングの参考にいくつか購入したものの中の一つですが、服装とかキャラクターの雰囲気は全く違っていて、唯一スカートの丈が近いというだけで、なんとなくPoserで再現してみたくなりました。


ところで、今回の絵は座っているポーズです。
テライユキさんが本当は何に座っていたのか分かりませんが、後ろからもスカート部分が見えるようにPoser小道具の基本アイテム 円柱を椅子代わりにしています。


私は今のところ、画面のサイズ、カメラ、ライトの設定を固定して、レンダリングを行っています。

キャラクターを座らせてしまうと、画面の広さと人物のバランスが悪くなってしまいますが、このくらいは許容範囲かなと思います。

さずがに、床に座らせたり、寝転んだりというようなポーズだと、同じ画面サイズ(比率)にするのは無理そうですね。

※MegaHouseさんから発売された「スクライド」というアニメのシェリス・アジャーニというキャラクターのフィギュアからです。(2008/01/01追記)
タグ:3DCG Poser
posted by mato at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | POSER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
DC、とても綺麗です。ここまできれいに決まると気持ちいいですね。
他のフィギュアのポーズでも上手く充てられますね。たまにおかしくなったりしますが。
AMIGAってあの今はなきコモドールですね。マンドリルかなんかが表示されたディスプレイに驚愕した覚えがあります。かくいう私はPC88で8色を駆使して一生懸命ドットを打ってましたっけ。なつかしー。AMIGA欲しかったけど、高くて買えなかったです。AMIGAユーザーさんでしたかー羨ましいっす。モトローラ68000が旋風を巻き起こしてましたね。
Posted by itan at 2007年02月06日 22:10
こんばんわ。
また来ていただき、ありがとうございます。
なにやらSeesaaがリニューアルとかで、管理画面とかがすっかり変わってしまって驚いているのですが、ブログページの方は特に変わっていないようですね。

実は、Amigaの前にPC6001というのも使っていました。
でも、その時はまだ絵を描いたりとかしないで、雑誌に付いてくるゲームのソースコードなんかを必死に打ち込んだりしてました。

Amigaですが、私が持っていたのは一番安い500というものでした。
性能自体はほとんど一緒なのに、主力モデルの1000とはかなり値段が違っていたように思います。
拡張性が違うとかで、1000では使えるけど500ではダメとかいうパーツも多かったようです。

私は購入した時期がかなり遅かったのかもしれませんが、SharpのX68000とかが欲しくても高くて買えなかったので、Amigaを買ったように記憶してます。(ずいぶん前なので、記憶があやふやですが。)

ちなみにAmigaは別売りのアダプタを使うと普通のテレビをモニタ代わりに使えたんです(本体だけでも白黒なら出力できました)。
モニタを買う必要がなかったので、その分安くすませられたのかもしれません。
Posted by mato at 2007年02月07日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32948589

この記事へのトラックバック
過去に参加した展覧会
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。