2007年09月16日

360度回転レンダリング画像 - 27

rot070915.swf
今回は「Forum 3D」の「お題でレンダ■夏休みの思い出(9/3〜9/16) 」に投稿した絵の回転バージョンです。

水着はcasiopeaさんの「Swim Wear for KURURU」です。髪はsioneさんに再作成していただいたショートヘアですが、よく考えると投稿作品でも、回転アニメーションでも今回が初使用です。
casiopeaさんの水着は、Poser Clubまたはcasiopeaさんのサイトから入手可能です。

ここからBlenderの記事になります。
前回に続いて、モデリング機能について見てみます。
今回は曲面制御、ミラーリングの設定について、Metasequoiaと比較します。

Metasequoiaでは、どちらも「オブジェクト設定パネル」で設定します。
Blenderでは、どちらも「Modifier」パネルで設定します。
Metasequoia、Blenderともに、オブジェクト単位で設定するようになっています。
pic_070915_01.JPG pic_070915_02.JPG

●曲面制御 Metasequoia
Metasequoiaで曲面化を設定するには、オブジェクトパネルで設定を行いたいオブジェクトを選択し、オブジェクトパネル上部の「設定」ボタンを押して、「オブジェクト設定パネル」を表示させます。
pic_070915_03.JPG pic_070915_04.JPG

曲面化の種類は「曲面タイプ1」「曲面タイプ2」「Catmull-Clark」の3種類から選択できます。「曲面タイプ1」「曲面タイプ2」では3角ポリゴンを扱えないため、「Catmull-Clark」をメインに使用します。
pic_070915_05.JPG

3D画面上部の「簡」ボタンをオンにすると、一時的に画面表示を曲面化の設定がない状態にできます。マウス右クリックで簡易表示の設定対象を変更できます。
pic_070915_06.JPG

曲面化された形状をポリゴンに実体化するには、「オブジェクト」メニューから「曲面・ミラーのフリーズ」を実行します。
pic_070915_07.JPG pic_070915_08.JPG

pic_070915_09.JPG


●曲面制御 Blender
Blenderでの曲面化の設定は「Buttons Window」で「Editing」を選択しているときに表示される「Modifiers」パネルで行います。
pic_070915_10.JPG

「Modifier」というのは、オブジェクトの頂点数や座標値などには変更を加えずに、計算により変形を加える機能で、設定をオフにすれば、いつでも元の形状に復帰できるものです。Metasequoiaのオブジェクトパネルでの設定に対応する、曲面設定、ミラーリングなどがある他、多数の機能が用意されています。

曲面化の設定は「SubSurf」という名前になっています。英語マニュアル「Subsurf Modifier」に詳しい説明があります。

「Add Modifier」ボタンを押すと、使用可能な機能の一覧が表示されますので、その中から「SubSurf」を選択します。
pic_070915_11.JPG pic_070915_12.JPG

Subsurf Typeに「Catmul-Clark」の他に「Simple Subdiv」という項目がありますが、こちらは曲面化する機能ではなく、平面の分割をおこなうものです。
pic_070915_13.JPG pic_070915_14.JPG

Metasequoiaの「分割数」に対応するのが「Levels:」の部分です。曲面をスムース表示させるには、「Link and Materials」パネルで「Set Smooth」を実行する必要があります。
pic_070915_15.JPG

すぐ下には「Render Levels:」という設定があります。これは「Render」パネルで「RENDER」ボタンを押してレンダリングする時に反映されます。
pic_070915_16.JPG

その他、ModifierのSubSurfパネルには以下のような機能があります。
・Optimal Draw
ワイヤーフレーム表示のときに、再分割計算される部分を非表示にし、元の頂点数で表示します。
pic_070915_17.JPG

・SubSrufUV
曲面をフリーズしない状態でも、プレビュー画面にUVを再分割計算して表示します。
pic_070915_18.JPG

・Editing Cage
再分割曲面を使用して曲面化された形状では、実際に表示される曲面を直接編集することはできず、外側に表示される元の形状を編集して行います。これがわかりにくいと感じる場合もあるかもしれません。
Blenderでは、辺や頂点を曲面上に表示させることができます。
pic_070915_19.JPG

・Crease Weight
Blenderでは、元の形状の辺に対して「Crease Weight」という重み付けを指定することができます。この指定は「Transform Properties」パネルの「Crease W:」で行います。
pic_070915_20.JPG pic_070915_21.JPG

立方体のすべての辺を選択して、Crease Weightを設定した結果はこんな感じです。
pic_070915_44.JPG

「Mesh Tools 1」パネルで「Draw Creases」をオンにすると、Crease Weightを設定した辺を強調表示させることができます。
pic_070915_22.JPG


曲面をフリーズするには「Object Mode」で「Modifiers」パネルの「Apply」を実行します。(曲面設定に限らず、「Edit Mode」ではModifierの「Apply」を実行することができません。)
また、「Object」メニューの「Convert Object Type...」を実行することでもフリーズすることができます。
pic_070915_24.JPG pic_070915_25.JPG

※MetasequoiaとBlenderの曲面制御についての注意点
MetasequoiaとBlenderでは、同じ「Cutmal-Clark」の曲面制御といっても作成される形状が微妙に違っています。Blenderでは開いた形状のエッジ部分が丸まってしまい、元の形状と一致していません。
pic_070915_26.JPG pic_070915_27.JPG

これについては、エッジ部分に対して「Crease Weight」を「1.0」に設定することで、Metasequoiaに近い形状にすることができます(完全に同じ形状にはできないようです)。
pic_070915_28.JPG


●ミラーリング Metasequoia
Metasequoiaでは「オブジェクト設定パネ」ルにミラーリングの設定項目があります。
「左右を分離した鏡面」または、「左右を接続した鏡面」にチェックを入れることで、左右対称な形状を片側だけの編集操作で作成できます。左右対称な形状の場合、「X」を使用軸に設定します。
pic_070915_29.JPG

「ローカル座標」にチェックを入れるとミラーリング設定をしたままで、対称軸から離れた位置に移動したり、回転することができます(「ローカル」コマンドで移動、回転などの操作を行う必要があります)。
pic_070915_30.JPG

ミラーリング設定された形状で頂点編集を行っていると、対称面付近の頂点が微妙にずれてしまい、左右が正しく接続されなくなることがあります。
この場合、対称面付近の頂点を選択して「選択部処理」メニューの「頂点の位置を揃える」コマンドを実行し、頂点の位置を対称軸上の「0」に揃えます。
pic_070915_31.JPG pic_070915_32.JPG

フリーズする方法は、曲面制御のときと同じです。「オブジェクト」メニューから「曲面・ミラーのフリーズ」を実行します。
pic_070915_33.JPG pic_070915_34.JPG

●ミラーリング Blender
Blenderでミラーリングを設定するには、曲面制御と同じ「Modifiers」パネルで行います。英語マニュアル「Mirror Modifier」に詳しい説明があります。
pic_070915_35.JPG pic_070915_36.JPG

Metasequoiaのような「左右を分離した鏡面」「左右を接続した鏡面」の設定はありません。「左右を接続した鏡面」で「接続距離を制限する」のチェックをオンにした状態に近い動作をします。
ただし、Metasequoiaでは平面に対して「左右を接続した鏡面」を設定して直方体を作ることができますが、Blenderでは側面の部分を元形状で作成しないと左右を接続できません。
また、「Merge Limit:」を「1.0」より大きくできないので、あまり対称面から離れた形状は接続できません。
pic_070915_37.JPG pic_070915_38.JPG

「ローカル座標」の設定がありませんが、Blenderでは「Edit Mode」中での編集時にだけ対称面が影響し、「Object Mode」ではミラーリング設定の有無は気にせずに自由に移動、回転などを行うことができます。
pic_070915_39.JPG

「Do Clipping」を有効にすると、編集中に対称面上にある頂点がずれて面が分離されないように頂点移動が制限されるようになります。Blenderには「頂点の位置を揃える」コマンドに相当する機能がありませんが、この機能を使用すると対称面付近の頂点のずれを防ぐことができます(Scaleコマンドを使用して対称軸方向のサイズをを「0」に縮小して同等の操作を行うこともできます)。
pic_070915_40.JPG

「Mirro U」「Mirror V」の設定をすると、UV座標にもミラーリングが設定されます。
pic_070915_45.JPG pic_070915_46.JPG

実際のモデリング作業では、曲面制御とミラーリングを組み合わせて使用することが多くあります。
Blenderでは複数のModifierを使用する場合、使用する順番に注意する必要があります。通常は、曲面制御とミラーリングを併用する場合、初めにミラーリングを設定し、それから曲面制御を設定します。
pic_070915_42.JPG pic_070915_43.JPG

ミラーリングをフリーズする方法は曲面制御の場合と同じです。
曲面制御、ミラーリングを併用している場合、各Modifierを個別にフリーズする際は、順番に注意する必要があります。
「Object」メニューの「Convert Object Type...」を使用すれば、まとめてフリーズすることができます。
タグ:3DCG Blender
posted by mato at 01:06| Comment(8) | TrackBack(0) | BLENDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
相変わらず絶好調で回ってますねっ(笑)♪ 僕はShadeとPoser使いなんで、BlenderとMetasequoiaの話についていけません(涙)・・・。 でも、同じ3DCGなんで、いろいろ参考にしてみたいと思ってます。
では、失礼しますね。
Posted by Kizoku at 2007年09月18日 20:06
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
Blenderにはスカルプト機能などの先端機能があり、いろいろ試したいのですが、それにはもう少し基本的な部分からモデリングに慣れないと難しそうなため、こんな記事を書きながら勉強しています。
基本的すぎて、今ひとつ面白くないような気もしていますが...。

最近のKizokuさんのブログは、かなり盛り上がっていて楽しいですね。
今後の展開に期待しています。
Posted by mato at 2007年09月18日 23:51
こんばんは〜。(^-^)
BlenderのミラーリングでMerge Limit=0、Do Clippingを有効にしても頂点がX=0とはならず、移動してしまう時があるのです....?でも、少し動かしていじっているとピタッとくっ付くのはボクの設定が間違っているか、またまたPCのスペック差なのかなぁ〜?(笑)matoさんのはなった事ないですか?...無いですよね。(笑)
Posted by ワッピ〜 at 2007年09月20日 00:42
こんばんは。
「Do Clipping」が利かないことがあるのですか。
私自身はまだこれから使ってみようという感じですので、まだそういう経験はありませんでした。

ちょっと試した感じでは、ミラーリング設定直後にX=0の位置にある点が移動したりするようです。
「Merge Limit」を0以外(0.0001とか)に設定しておくと、状況が改善されるように思えました。
「Merge Limit」は「Do Clipping」を指定していないときに設定してあると対称面から頂点が外れたときに気づかなかったりして問題がありそうですが、「Do Clipping」と併用している場合は「0」以外にしておいても問題ないと思います。
Posted by mato at 2007年09月20日 02:39
追加情報です。
新しいバージョン、Blender2.45がリリースされました。
バグフィックスのみで、新機能はないそうです。
Posted by mato at 2007年09月20日 03:01
これって、Shadeではサブディビジョンサーフェスと呼ばれている機能ですね。
Shadeではもともと、「自由曲面」は独自のスプライン曲線による形状編集機能に対してこの用語を使用しているので、別の用語で表す必要があったのかな?
Shadeを使うときは、まったく別物なので注意が必要ですね。
Posted by milura at 2007年09月22日 09:12
> miluraさん

こんばんは。
コメントをありがとうございます。
一般的な意味で「自由曲面」という言葉を使ったつもりだったのですが、Blenderでは「SubSurf」、Metasequoiaでは曲面制御という言葉を使っていて、Subdivision Surfaces(再分割曲面)と書くのが正しいと思います。
3DCGで「自由曲面」という言葉を使った場合、Shade固有の曲面機能を指してしまうかもしれないですね。
今後、気をつけたいと思います。(CG用語って難しいです...)

ちなみに、BlenderもShadeのように、ポリゴンベースの「SubSurf」だけでなく、NURBSによる本来の意味での自由曲面も扱えるようになっています。
ただし、3DCADなどのような本格的なものと違い、基本的な機能しか実装されていないため、ちょっと使いどころが難しい感じです。
Posted by mato at 2007年09月22日 20:16
だんだん気になってきたので、記事を修正させていただきました。
記事中の「自由曲面」の記述を「曲面制御」「曲面化」などに書き換えました。

記事を作成してからずい分時間が経っているので、遅すぎる気もしますが...。
Posted by mato at 2007年09月22日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55539293

この記事へのトラックバック
過去に参加した展覧会
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。